札幌駅前の社会保険労務士&行政書士 採用支援・ハラスメント・社長の年金復活・働き方改革・SDGs・人事評価・就業規則・給与計算・助成金・残業代削減は、はまぐち総合法務事務所へお任せ下さい。

MENU

今こそ!組織風土診断

  • HOME »
  • 今こそ!組織風土診断

組織風土診断ディーセントワークを実現しませんか?

100項目のアンケートを従業員のみなさんに回答していただくことにより、組織風土上の課題を抽出し、今後の改善に繋げていくことを目的としています。診断は以下の3つの機能を有しています。


(1)企業理念や労働環境など10カテゴリー×10問の質問により、組織が抱える問題点を抽出することができます。
(2)役職毎などによる集計を行うことによって、経営者と管理職、一般社員など、階層による問題意識のギャップを把握することができます。
(3)問題解決のためのシート類を作成することにより、組織風土向上に向けた具体的な行動計画を立案することができます。


 ソース画像を表示この診断を活用することによって、貴社の組織の課題が抽出され、それが改善されることで、労使双方にとって素晴らしい職場環境が構築されることを願っております!

診断概要

 「会社の企業理念や経営方針は明確に示されている」、「人事評価制度は上司の好き嫌いなどではなく、公平・公正に運用されている」、「残業や休日出勤はそれほど多くなく、疲労感など身体的な負担はそれほど感じない」といった全100問(10分野×10項目)の社員アンケートを実施し、その平均点や役職階層別の意識のズレなど、組織風土上の課題を抽出するためのデータが見やすいグラフなどで集計・表示いたします。企業としてはこの結果を基にして、優先順位をつけて課題の解決に取り組むことで、労使が安心して職務に専念できる良好な組織風土醸成を進めることができます。

組織風土診断ソフトの5つのポイント!

1)練りこまれた100項目の質問項目を設定
2)アンケート用紙を印刷・配布するだけ
3)役職別などで意識の差を見ることが可能

 役職別(経営者、管理職、主任・係長、一般社員、パート・嘱託など)や所属別などで区分を設定することにより、その意識の差を見ることができます。

4)平均点のトップ10およびワースト10をランキング表示

 平均点の上位10項目と下位10項目をランキング表示します。これにより自社の課題の傾向を明確にし、対策のための優先順位付けを行います。

5)グラフを多用したグラフィカルな診断レポート

 すべての質問項目についてグラフが用意されており、視覚的に自社の課題を確認することができます。

※他社平均データとの比較など、統計データのご提供はございません。基本的に自社の相対的な課題の発見を主目的にしておりますので、ご了解下さい。

質問項目の内容

 組織風土診断ソフトでは10分野×各10問の計100問の質問を通じて、組織が抱える課題を明らかにしていきます。以下では各分野から2つづつ、代表的な質問を紹介しましょう。

分野1【企業理念・部門方針】

□会社の企業理念や経営方針は明確に示されている。
□上司から定期的に、部門の方針や計画についての具体的な説明を受けている。

分野2【職場の雰囲気・風土】

□職場の雰囲気は明るく、活気に溢れている。
□トラブルを抱えた同僚がいる場合、周囲の社員が自ら手を差し伸べるような雰囲気がある。

分野3【職場環境・ハラスメント】

□育児休業を取得することなどによって、仕事と育児を両立することができる職場である。
□会社は問題のある社員に対して、放置することなく、適切に指導を行っている。

分野4【コミュニケーション】

□上司や先輩は、若い社員を気に掛け、積極的に話しかけたり、相談に乗ってくれる。
□定期的に会議やミーティングが開催され、仕事を行う上で必要な情報の共有が行われている。

分野5【上司】

□上司の指示は明快かつ的確で、仕事が進めやすい。
□上司は相談事項などについて放置することなく、タイムリーに判断してくれる。

分野6【人事制度・人事評価】

□現在の人事制度は、将来の自分自身の姿や仕事の状況をイメージすることができるものである。
□人事評価制度は上司の好き嫌いなどではなく、公平・公正に運用されている。

分野7【処遇・福利厚生】

□現在の賃金は、仕事内容や能力を前提に考えれば適正な水準である。
□当社の福利厚生制度には満足している。

分野8【業務の状況・過重労働】

□残業や休日出勤はそれほど多くなく、疲労感など身体的な負担はそれほど感じない。
□必要以上に仕事に忙殺されず、プライベートの時間とのバランスが取れている。

分野9【能力向上・キャリア】

□会社は、社員の成長を願い、真剣に人材育成・教育に取り組んでくれている。
□当社の社員教育は効果的に行われており、優秀な社員を多く育成できている。

分野10【総合】

□会社やいまの仕事に、誇りややりがいを感じている。
□自分自身が職場で必要とされていることを実感できている。

診断料金

50,000円(税抜)100名様まで

組織風土診断実施の流れ

 このソフトを使用して組織風土診断を実施する際の流れについてご説明します。

[Step1]集計区分設定

 調査結果を集計する区分を設定します。

[Step2]アンケート印刷・配布

 アンケート用紙を対象従業員に配布します。

[Step3]アンケート回収・データ入力

 アンケートを回収し、その回答内容を弊所が集計いたします。なお、アンケートの提出先は直属上司ではなく、社長宛などとした方が回答者の本音を聞き出すことができるでしょう。

[Step4]データ集計・重点課題の抽出

 アンケートデータを集計後、各種グラフなどで表現いたします。その結果を分析し、重点課題を抽出します。なお、重点課題の抽出においては、平均点が低い項目だけではなく、経営陣や管理職層と一般職層の間の得点に差異が大きな項目についても取り上げるようにすると良いでしょう。

[Step5]組織風土改善計画の作成

 重点課題を解決するための行動計画を作成します。

[Step6]社員への結果報告と改善計画の発表

 今回のアンケートの結果とそれに基づく重点課題およびその改善計画を社員に発表し、労使一体となって、その改善を進めていきましょう。

組織 に対する画像結果


お気軽にお問い合わせ下さい! TEL 011-738-2255 受付時間:9:30~18:00定休日(土・日・祝日)

【重要】マイナンバー対策


社会保険労務士個人情報保護事務所 SRPⅡ

法人向けクラウド会計


マネーフォワードクラウドシリーズ

適正検査『CUBIC』




PAGETOP