特定社会保険労務士(特定社労士)とは?

弊所代表が、特定社会保険労務士の付記をいたしました!(H29年4月15日付)

特定社会保険労務士は、労働者と経営者が争いになったとき、次のADRにおける代理人として、裁判によらない円満解決を実現することができる社会保険労務士のことを指します。

解雇や賃金・残業代の不払い、ハラスメントなどの職場でのトラブルを、ADR(裁判外紛争解決手続)により解決のサポートを行います。

つまり、労使間のトラブルを円満に解決するためのお手伝いができる「国家資格者」ということです。

「紛争解決手続代理業務」の内容・・・

  • 個別労働関係紛争について厚生労働大臣が指定する団体が行う裁判外紛争解決手続の代理 (紛争価額が120万円を超える事件は弁護士の共同受任が必要)
  • 個別労働関係紛争解決促進法に基づき都道府県労働局が行うあっせんの手続の代理
  • 男女雇用機会均等法、育児・介護休業法及びパートタイム労働法に基づき都道府県労働局が行う調停の手続の代理
  • 個別労働関係紛争について都道府県労働委員会が行うあっせんの手続の代理

★上記代理業務には、依頼者の紛争の相手方との和解のための交渉及び和解契約の終結の代理を含む。

※(参考)社会保険労務士が、特定社会保険労務士になるには、『厚生労働大臣が定める研修を修了』し、『「紛争解決手続代理業務試験」に合格』した後に、その旨を連合会に備える社会保険労務士名簿に付記しなければなりません。

労使間トラブルのご相談は、経験豊富な「はまぐち総合法務事務所」までお気軽にお問合せ下さい。
初回相談無料です。 電話011-738-2255