オフィス環境について改めてチェックしてみませんか?

◆「快適な職場環境」の重要性

労働者にとって職場は、長い時間を過ごす場所です。その環境が適切であるかが、仕事の効率やモチベーションにも大きな影響を及ぼします。

快適な職場管局を整えることで、労働災害の防止、健康障害の防止、職場の活性化が期待できることから、多くの企業が、労働者が「働きやすい」と感じられる職場環境づくりに取り組んでいます。

 

◆オフィス環境チェックリスト

オフィスの環境を左右する諸要素(室温・湿度・明るさ・清潔・リラックス等)については、「事務所衛生基準規則」で適切な数値等が定められています。

この規則に則って、オフィス環境をチェックしてみましょう。

□室温が17度以上28度以下に保たれているか?

□湿度が40%以上70%以下に保たれているか?

□照度が通常150ルクス以上、精密作業時には300ルクス以上になっているか?

□換気が適切に行われているか?(一酸化炭素50ppm以下、炭酸ガス0.5%以下)

□飲用水の供給や、トイレ設備の維持・管理は適切か?

□救護用具が揃っているか?

□休憩室が設置されているか?

 

◆不適切な部分は早急な改善を

チェックを行った結果、不適切だった部分については、早急に改善することが必要です。

また、オフィスを快適に保つためには、定期的なチェックが欠かせません。2カ月に1回を目安に、チェックしてみてください。